東山手重要伝統的建造物群保存地区


東山手地区には大浦の商館と海を見下ろす丘に位置し、ポルトガル、プロシア領事館や礼拝堂が建ち、当時は領事館の丘と呼ばれたそうです。その後これらの跡地にミッション系の学校が増えて現在に至っています。また、建物の他にも居留地時代の石畳、石作り溝、煉瓦塀、樹々などが一体となって歴史的な環境が残されています。

地図

星印をクリックすると、ページが開きます




洋館群へ トップへ 独り言へ