十二番館(長崎市食旧居留地私学歴史資料館)


 活水下のオランダ坂を登ってくるとちょっとした広場になっています。その奥にこの建物があります。


十二番館この建物は1868年に建設され、ロシア領事館、アメリカ領事館、アメジスト派宣教師の住宅に使用され、その後活水学院に譲渡され、1976年に長崎市に寄贈されました。
東山手が外国人居留地時代に創設された多くの私学の歴史や、たずさわった人々が紹介されています。
ベランダにはベンチもあるので、一休みして長崎港を眺めてみてはいかがでしょうか。
今はビルが建ってよく見えませんが、昔は港がよく見えたと思えます。





活水下へ トップへ 海星下へ